客を飽きさせない工夫

パンケーキ

スイーツ好きの人の中には、大好きなスイーツ専門店で「数量限定」「季節限定」の限定メニューが出ると、行列に並んでも食べに行く!というファンも多いのではないでしょうか。

旬のフルーツや高級な厳選素材を使ったメニューなどは、リーズナブルな価格で安定して提供し続けるのが難しいですから、販売店舗や時期、数量などを限定して展開するということも珍しくありません。

「ただのスイーツでしょ?わざわざ並んでまで食べたいなんて気が知れない」という意見もありますが、そう言う人も、もし自分の好きなもの、それが限定品となあれば、手間暇をかけてでも手に入れたいと思うのではないでしょうか?人それぞれの人生、好きなことに時間やお金をかけるかは個人の自由です。

自分の好みと合わない、趣味ではないからといって、それを否定するのは不毛に過ぎません。あなただって、自分の好きなものを否定されたら悲しい気持ちになるはずです。

そもそもスイーツ専門店の多くが「季節限定」「店舗限定」のメニューを用意するのは、季節ごとの味を楽しんでほしい、各地の店舗に足を運んでほしいという気持ちからです。

長くお店に通ってくれるファンに飽きられないように、という企業努力とも言えるでしょう。実際そんな限定メニューを楽しみにしているスイーツファンも多く、限定メニューが提供されている期間は、常に満席という状態も珍しくありません。

事前予約を受け付けたり、長く行列に並ばなくても済むように整理券を配ったりする専門店もあります。メディアなどで話題になった有名店「幸せのパンケーキ」のように、日ごろから予約を勧めている店も多く、スイーツファンがいかに多いかが窺えます。

他にも、スイーツ専門店ではフェアなどを行うこともあり、フェア開催期間中は特別なメニューが提供され、店内の雰囲気も変わるため、常連でも楽しめるような工夫がされています。

スイーツに限らず、百貨店の物産展など、普段行けないような遠方の銘品や特産品が地元で買えるような時は、張り切って朝早く出かけて、行列に並ぶのも苦にならないという人もいるのではないでしょうか。「毛ガニが一杯千円、百杯限定!」などとチラシに書かれていたら、つい購買意欲をそそられてしまうものです。

「限定」という言葉は人を惹きつけ、意欲的にさせる魅力があります。「並んでも食べたい!」と思うのは、そう思わせるだけの価値があるということです。

さて、お次はどの店のどんなメニューを食べに行きましょうか。